船橋市 下総中山の矯正歯科 とうごう矯正歯科

矯正Q&A
Question

047-336-0596
〒273-0035千葉県船橋市本中山2-18-1-2F
土日診療
  • 診療案内
  • お子様の歯並び
  • 大人の矯正
  • 治療の流れ
  • スタッフブログ
  • 矯正Q&A
  • 症例
  • 診療カレンダー

よくある質問

Q : 看板に一般歯科や、小児歯科と併記されている歯科医院とどう違うのですか?

A : 当歯科医院は歯並びを治す「矯正歯科治療」のみの歯科医院です。むし歯治療や入れ歯を作ったりする治療はしていません。それだけに、質の高い矯正歯科治療と、治療後も責任のある管理を目指しています。 矯正歯科以外の治療については、必要があれば大学病院や他院に紹介・依頼しています。

Q : 矯正歯科治療は、保険が適用されず、費用が高いと聞いておりますが?

A : ある種の生まれつきの異常や、あごの手術が必要な場合を除いて、保険が適用されません。治療により、きれいな歯並びになり、バランスのとれた口元になると、管理もしやすくなり、また、自分の歯を大切にするようになるようです。長い目でみると、決して高くないと思いますが、いかがでしょうか。支払い法については、分割も可能です。納得のいくよう、無理のないように十分相談してください。

Q : 中学生ですが、もう手遅れといわれましたが本当ですか?いつ治療を始めたらいいのですか?

A : 中学生でも全然問題なく治療できます。大学生のお子さんの治療後、今度は自分の番だと言って治療をしたお母さんもいます。今は治療法も進んで、歯や歯を支えている歯肉や骨が健康であれば何歳でも治療は可能です。また、あまり低年令で乳歯ばかりだとまだ治療をするには早いと思われます。しかし、早めに矯正歯科医の診査を受け、一番適切な時期まで管理をしていくのが好ましいでしょう。

Q : 永久歯を抜かなければいけませんか?

A : 抜く必要があるか、抜かなくても大丈夫かは、詳しい検査をしてから診断します。しかし、我々矯正歯科医を受診される患者さんは、一般歯科を受診される方より、症状は重い場合が多く、また、どうしても並べる隙間が不十分であり、治療後の安定性や口元のバランスを考慮すると、抜かなければ無理な場合も多いようです。

Q : 治療途中で、遠くへ転居しなければいけない場合はどうなりますか?

A : 当院は、「日本臨床矯正歯科医会」という矯正歯科専門で開業している歯科医院の全国的な組織に属しております。現在、北海道から九州・沖縄まで、約450人の会員がおり、転居に際しては、それまでの治療費を清算し、口腔内写真やX線写真を用意し、転居先でスムーズに矯正歯科治療が継続できるようなシステムになっていますので、御安心ください。

Q : スポーツや楽器はできますか?

A : 顔や口元に衝撃のある、空手、ボクシングなどの格闘技は避けた方が無難でしょう。どうしてもという場合は、マウスピースを作製することもあります。管楽器は、装置をつけた時は違和感があるようですが、すぐに慣れて問題ないようです。基本的には、日常生活はそれほど問題ありません。

Copyright © とうごう矯正 All Rights Reserved.